トータルマネジメントブレーングループ・税理士法人トータルマネジメントブレーン

会社概要

お問い合わせ


会社案内パンフレット印刷
A4サイズA3サイズ

晶子の徒然草

代表が最新情報をお伝えすると共に、毎日に全力を尽くす意味合いや
季節の移ろいなどの想いを月1回配信しています。

12月のレター

 12月に入り、年末までにしなければならないことが頭を駆け巡り、あれもしなければこれもしなければと、バタバタとしてしまう日々が続いております。すっきりさわやかな年末を迎える方法は、ひとつひとつを片付けていくしかないと、基本に戻ることの大切さを実感します。

 そんな時には、庭の花の入れ替えが気分をスッキリさせてくれます。この前植えた花は、パンダスミレ・キキョウ・スイートアリッサム・ビオラ・アジュガ等、青や紫系でまとめました。青系の花はなかなか咲きほこらず、庭を華やかにするのは難しく感じます。まして冬、今まであまりうまくいっていませんが、失敗をしっかり反省し、あきらめずにチャレンジし続けてみます。仕事や人材の育成と同じで、花を育て大きくすることは自分を鍛えるのに役立ちます。

 師走月の街の賑わいを見ていると、クリスマスの華やかさを感じますが、私は動画で見た『クリスマス休戦』を思い出すこともあり、その時には胸がいっぱいになります。約100年前の1914年に始まった第一次世界大戦中に、ドイツとイギリスの間で、12月25日にごく自然に発生した休戦の物語です。

 一次世界大戦が始まって最初のクリスマス。ドイツ塹壕に慰問に訪れたテノール歌手のヴァルダー・キルヒホフ(当時の超有名な歌手)の「きよしこの夜」の歌声が戦場に響き渡ります。その歌声を聞いた敵であるフランス軍から「この歌声は、パリのオペラ座で聞いた、ヴァルダー・キルヒホフのものだ」と歓声があがり、賞賛の拍手が送られたといいます。これをきっかけに100メートルあまりで対峙していた両軍は銃を置き、中間地帯で握手を交わし、現場の兵士たちによる「休戦」が発生したのです。その後は、クリスマスキャロルを歌いあう、煙草に火をつけあいクリスマスツリーの飾り付けをする、そして、イギリス側はウイスキーを持ち出しドイツ側はソーセージを差し出しワインを飲みかわし宴会が始まったのです。極めつけはサッカー、3対2でドイツ側の勝利であったそうですが、皆で楽しく一日を過ごしあったのです。まさに、数時間前まで戦いに明け暮れていた兵士がクリスマスに起こした奇跡の物語だったのです。

 これは各地に広まり、つかの間の休戦は両者に友情を芽生えさせました。その結果、休戦後は戦いを放棄する兵士が続出したのです。これに激怒した上層部が圧力をかけ、両者はまたしても殺し合いをしなければいけなくなったのです。その後、第一次世界大戦中に3回ほどクリスマスがありましたが、これ以降戦争が激しくなりこのような奇跡は2度と起きませんでした。たった一度だけのクリスマス休戦。その中で友情が芽生えた彼らは、いったいどんな気持ちで戦場にいたのでしょうか。

 実は、この奇跡の物語はイギリスの大手スーパーマーケット、セインズベリーによって、伝説の「クリスマス休戦」として再現され、その動画がインターネットで配信されており、みることができます。11月12日に公開され7日間で980万回も再生されており、動画の最後には「クリスマスはわかちあうためにある」とメッセージが流れます。日本語ではありませんので言葉では感動できませんが、見ているだけで胸が熱くなりました。私も平和に暮らす現在に感謝し、世界中から戦争がなくなるよう祈っております。

 今年もあと数週間です。何を書こうか、どんな記事をお送りしようかと考える力は、皆様のお顔を思い浮かべることから湧いてきます。皆様が読んで喜んでくださると思うからこそ、皆様にお伝えしたいことが浮かぶものですね。よろしければまたご感想など、お聞かせ下さったらとても嬉しく存じます。

 ご多用の日々をお過ごしのことと存じますが、同封の「まっとう温泉ワンポイントレッスン」をご活用いただき、皆様にピッタリのまっとう温泉を見つけてください。温泉でお体を大切になさって、よい年をお迎えくださいませ。

 皆様にたくさんの幸運が舞い込みますよう、心からお祈り申し上げます。

まっとう温泉ワンポイントレッスン5

温泉効果をカラダで体感するには正しい入浴法が必要です。温泉の作法や正しい入浴法をマスターすれば、本当に体にいいことを実践することができます。まっとう温泉を探し出し、正しい知識を得て、温泉効果を最大限に引き出しましょう。日本の昔の人たちが当然に熟知していた作法をマスターすれば、短期間の滞在でも温泉の効能をしっかり体に受け止め、明るく元気よく、これからを過ごせるのではないでしょうか。
参考:「クロワッサン」㈱マガジンハウス より

温泉の正しい入浴方法

楽しみながら温泉効果を得るには・・・

  • 1.浴槽の湯でもシャワーでもよい。心臓から遠く、汚れやすい足元から始め、腰、肩へとかけていき、できたら頭からかぶって汚れ・整髪剤も落とす。(→これをしておくと、脳の血管が広がり、脳貧血、脳出血、のぼせの予防につながる。)
  • 2.全身浴は泉温、水圧が急激にのしかかるので、半身浴がお勧め。同じ理由から、浴槽が広ければ縁を枕に、浮き身の体勢で手足を伸ばすのもいい。
  • 3.重曹泉なら湯自体に石鹸の働きがあるので洗わなくて大丈夫。他の泉質でも足、臀部など汚れやすい箇所を中心に、ソフトタッチに洗うだけで十分。
  • 4.ぬるい湯なら10~20分間ほど浸かってもかまわないが我慢は厳禁。軽く汗ばんだら湯から出て休む。1回の入浴で湯に浸かるのはせいぜい3回まで。
  • 5.汗ばんだら湯から上がり、洗い場などで休憩し、露天なら周囲の景色を観賞、清浄な空気を味わうなど、温泉を取り巻く環境も満喫したい。
  • 6.入浴にともない脈拍、血圧などが変動するため、安定するまでの最低30分間は静かに過ごす。湯冷めしないよう、この間に髪をよく乾かす。
温泉効果

~温泉入浴には「温熱」「浮力」「水力」の物理的作用がある~

温熱効果
約38℃の温泉に20分ほど入浴すると心地よく発汗するケースが多い。血液は約1分で全身を一巡するため、短時間高温の湯に入るより、ぬるい湯に少し長く入った方が血液の循環はよくなってカラダは温まるはず。
☆血行促進・疲労回復☆
体温が上昇すると、体の表面にある毛細血管は広がり、平常時よりも多くの血液が流れ始め、発汗が始まる。このとき毛穴や汗腺に溜まった汚れや老廃物も外に排出される。更には、肩こりや関節痛の軽減や、自律神経の働きの調整なども期待できる。
☆美容と健康に影響大☆

浮力効果

お湯の中では浮力が働き、体重は10分の1くらいになり、重力から解放されてリラックスできる。足腰や膝の負担が少なくなるので、ケガのリハビリなども行いやすい。

水圧効果

水圧が心房を刺激すると、利尿ホルモンの分泌が始まる。尿は疲労物質や体内の余分なナトリウムとともに排泄されるので、疲労回復に繋がる。

12月